呼吸器のようなもの

スギモトミユ滋賀生まれ射手座。日々感じたことの備忘録。

吾輩はクィアである

 

こんなことをいちいち書くのもバカらしいとおもう反面、

ぶっちゃけてしまいたい性癖が勝った。

しかもなんでもない日にさらーっと。

今日の私の心にはミーガンラピノーがいる。

要は、フェミニズムマインド全開モードなのです。

 

きょうはなんでもない日、

吾輩はクィアである。

 

クィアを知らないあなたはこっそり検索しておいで。

こーゆうこと?はそーゆう人?と一緒になるときに報告?するものなのかとも思ったけど、

あたし自身のことやしそんなん関係ないわとフェミニストミユが言う。

要は、あたしは全性愛である。

 

なんとかセクシャルって呼ぶやつだとパンセクシャルになる気がしている。

でもこのセクシャリティのジャンルは「LGBT」以外にしぬほどあるので結構どうでもいい。

ただ、人にわかりやすく説明するならば「この人がすき!」という気持ちに、身体の成り立ちでフィルターをかけることがないということ。

つまり、世界中の誰にだってラブな気持ちになる可能性に満ちているあたし。

めちゃくちゃ最高である。

 

恋愛遍歴を詳しく書く気にはならないのだけれど、「恋愛はメンズと」という私の中の常識が覆ったのは、大人になってからだということだけ補足説明しておくね。

 

子どものころから気づいてたとか、思春期にうんぬんとか、そういう方ももちろんいる。

でもそんな早いころからシュッと自分を理解して、位置づけすることのできる人は、クィアの人のうちのどれくらいだろうか。と「当事者」は、おもう。

フェミニストミユに言わせると、「LGBT」も、「マイノリティ」も、「レインボー」も、どこか疎外感があるような。そりゃ人たちに周知して、あるべきはずの権利に気づいてもらわなあかんのやけども。

LGBT」というパワーワードが、時に「当事者」の愛を霞めるのでは、、とおもう。

たしかにポケットにしっかり持っていた愛を、急にカテゴライズしろと言われる。

 

はて、、、 

愛は、そんなに簡単なのだろうか。

 

これが私の言いたい、疎外感。

だって異性愛はわざわざ「私は異性愛者やねん」とか言わへんやん。プープー。

 

マイノリティと言われる人に対して、同情はいらないとおもう。

マイノリティはアイデンティティの一部であり、あたしを纏うファンションのようなもの。

言うまでもなく、これはあたしが言っているだけのことなので、それぞれに求めはるものはちがうからね!

あたしはただ道端に喫茶店があるかのように、扱ってほしい。道端に喫茶店があることは、誰もが想像しうるシチュエーションでしょ?

いい感じなら入ってみればいいし、ピンと来なかったなら素通りすればいい。

日常の友好関係も、こんなニュアンスで築かれているはず。

 

だからこの文章を読んだあなたが、「喫茶ミユ」に入るかどうかも、フリーダム。

こうやって自分を晒していくことは、すごくストイックに見えるかもしれないけれど、逆にあたしのことを好きでいてくれる人だけが残るので、ストイックの恩恵はすごいのです。

もちろんこの記事の、「全体に公開」のタブをクリックするときはめちゃくちゃ緊張するしこわい。

 

でもひっそり隠したりして、生きていってほしくないから。

あたしにも、あなたにも。

I AM THAT I AM やんか。

 

もしこれを読んでいるあなたが、孤独だったらあたしに教えてほしい。

あたしに、ハグさせてほしい。

別にセクシャリティのことなのかとか関係なく、あなたの琴線に触れたなら。

 

 

f:id:thanksallmiyu:20200208060913j:image

 

 

 ちなみに「琴線」を、“きんせん”って読むのさいきん知った。ずっと“ことせん”って読んでた。

 

 

Love is Love.

 

 

 

私の頭の中の茨木のり子

 

茨木のり子との出会いは高校のとき。担任が「自分の感受性くらい」を教えてくれた。 

「自分の感受性くらい」

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

 

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

 

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

 

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

 

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

 

 

あまりの正論さに「ほんまやん!自分の気持ちなんて自分で世話せな!」と、圧倒された女子高生ミユ。

なんどもノートに書き写したり、部屋に貼ったりしていた。

この詩のおかげで、ややこしい家族環境の中でもグレずにいれたのかもしれない。「自分の感受性は自分で守れ」と言われ、第一次ビジネス本・心理学本読みまくり期到来。全日本女子バレーの柳本元監督の著書で、PDCAサイクルを初めて知り目からうろこ。

何事もノートにPDCA順に書いて回していけばいいことを知る。部活の顧問の指導方法にも「PDCAコーチングすりゃいいのに」などと内心思っていたかわいくない女子高生ミユ。

 

勉強はほとんどしなかったけど、地頭だけは変に大人になって反抗期すらなかった。純粋なふりをして、世の中の大人を斜に構えて見ていた。思春期は家族の様子を見ていることでいっぱいで、自我を通す余裕なんてなかったのもある。

ネガティブな感情を人前で出すことを早々に封印してしまっていたのを、元恋人と出会って気づく。なんで泣いてるかわからない子どもみたいに泣きつくことは、日常茶飯事。ふたりで暮らしたあの部屋で、心身ともに完全に寄りかかって生きていた。あの時にお借りした胸があるから、心もとなくて、ずっと涙がとまらないつらさもわかる。

 

まるで右か左みたいな経験をした25歳ぐらいまでのこと。生活も感情も止まることなくずっと回っていて、たまにふと自分の成長に気づいたりする。最近はすっかり落ち着いた。

考え事の横にはもはや無意識に茨木のり子がいて、「自分の感受性は自分で守る」のが当然になっていた。(これに今日気づいた!脳内同棲10年強!)

だから調子が乗らない日も、たまにやってくる世界に自分しかいないような疎外感の日も、ただそれを茨木のり子と観察しているだけの日々。大体は自分観察して、散文を書いて寝ればどうにかなる。感情的になっていても俯瞰しながら観察できるようになった。人に衝動的に怒ったり泣いたりしたのは最近いつだったか。思いつかなくて逆になんだかさみしい。

 

いつだって俯瞰していることに、それはそれで迷いがあるっぽい。 

良く言えば自分の世話は自分できているけど、気づけばあたしは「弱さを見せる強さ」を失ってるっぽい。

 

「今日は気分が上がらない」、こんな簡単なことを人に言えない自分になっていた。

「自分でどうにかするだけのことを、人に聞いてもらうなんて滅相もない」と、わりと本気で思っている。

しかしこれは自分のほんとうに求めていることなのか?と観察すると、そうでもないとリトルミユは言ってるぽい。

 

なんだかむかつくし、くやしいし、かなしいから茨木のり子を全部反対の刑だ!

 

 

『自分の感受性なんて』

 

ぱさぱさに乾いてゆく心を

じぶんのせいにはするな

あの人に水やりを求めたらよかっただけ

 

気難しくなってきたのを

じぶんのせいにはするな

向き合うことに尾を巻いたのはおたがいさま

 

苛立つのを

じぶんのせいにはするな

愛だからこそその一言をぐっとこらえたのはわたくし

 

初心消えかかるのを

じぶんのせいにはするな

そもそも やってみないとわからないことが常

 

駄目なことの一切を

じぶんのせいにはするな

思い出せばひかる そうでしょ?

 

自分の感受性なんて

みんなで守ろ

あいしてる

 

 

反対にしたら過保護のおかあさんみたいになったね。

元気ないときはミユスタイル茨木のり子のほうを、心で採用します。

あまのじゃくやから、気合いだけではどうにもならないときがある。

 

きょうも生きました!!

 

 

:素直を。 1/23

 

たいして映えていない日常をSNSに更新しまくること、クラブで私に好意のあるメンズが近寄れないほど踊り倒すこと、スキがあれば全裸で海やびわ湖に飛び込んでしまうこと。

 

このへんのことを見ても、私はわりと素直なほうだと思う。というか、自制機能がポンコツすぎる。常に何かを出していないと、じっとしていられない病気。これは、毎日体を使いきる、という意志のもとにあったりもするけれども。寝るときは死ぬくらいの気持ちでいたい。

 

ことのはじまりは、こちらから。

 

thanksallmiyu.hatenablog.com

 

 

最近出会った人との会話の話題によく「素直」があった。いいタイミングなのでそれを書かせていただこうとおもいます。ひらめきをありがとう。

その人と出会って間もないころ、「私は素直だけが取り柄なんです。」みたいなことを言った。

そしたらその人も「いや自分も素直さでは負けへんで。」と、そんなやりとりが初っ端からあった。

負けへんでと言われてしまったその瞬間からそれはもうタイマン。

この人には自分の思っていることをとことん話しても大丈夫な気がしたし、自然とそうなっていった。

私、天使ミユ、悪魔ミユ、その人、天使その人、悪魔その人の6人サミットが開かれたこともあった。

天使ミユと悪魔ミユの言葉を代表して口から音にする、ミユ。

こんなふうに話すと自分事をすこし離れて話せて、より素直だった。

 

なんとなく発した言葉から、初めて自分が感じていたことを自覚したりすることがたまにある。

言葉を発した口はたしかに自分のものなのに、自分の中の誰かが言ってくれたような感覚のとき。

この現象は、相手が私の発するものに「全部受け止める」と肚をくくってくれたときにだけ起こる。

それを無意識に、ときに自覚したりして、その人の肚へ気持ちを投げたときにだけ出る言葉がある。肚で引き受けてくれる人がいるからこそ、私は素直さを発揮できるの。

 

だったら、人間関係はいつだってタイマンなのである。

お茶をすること、仕事のやりとり、朝のいってきます、同じ音楽で踊ること、セックス、ぜんぶぜんぶ私の中ではタイマン。

世界最小のコミュニティはサシでの対面だから、そこの向き合い方が基準となって社会に現れる。

語弊がないように言っておくと、いかに自分をオープンにできるかというタイマンなので極めてピース。

このタイマンはじゃんけんのない野球拳。ただの脱ぎたがり。

大事なのは通報されるかされないかのラインを見極めながら脱いでいくこと。

一気に全裸になると即通報で拒否されてしまう。まれにボーナスタイムでこの人のように、すぐ全裸になってもうまくタイマンできることもある。

 

こんなことを昔から心の中で思いながら過ごしている。

二十歳のころの私のテーマは「形にする」だった。われながらいいとおもう。

 

その人にここまでの経緯を一切説明せずに、「人間関係ってタイマンですよね」と言った。そしたら「ほんまそれ!素直タイマン!」って言ってくれて、ぶりんやった。

 

いろんな矛盾と向き合っている。すこし歳を重ねたぶん、同時にいろんな感情がわかるようになった。

どの感情を今の気持ちに当てはめるか、自分世界の中で何よりも大事にしたい。

 

 

https://www.instagram.com/p/B7at7OsBQB9/

地球のちりとちりがかさなりあえば、それは ミルクセーキ



 

素直に肚で向き合うこと、素直タイマン。

 

素直に肚と向き合うこと、素直タイマン。

 

ありがとう、いー薬です。

 

 

:囁きを。 1/15

 

こんばんは、ミラクル起きて平日の夜に書いてる。

 

普段はこんな時間(23時)ネムネムでありえへんことなんですが、

最近睡眠時間がすこしみじかくてもよくなった!

地球に順応してきている、あたし、ええぞ〜〜

 

 

ことのはじまりはこちらから。

 

thanksallmiyu.hatenablog.com

 

こんやは「囁きを。」

改めて意味を調べてみた。

 

ささ やき [0][4]き・私語

ささやくこと。また、その声や音。ささめき。  -ごと 愛の-
   
出典・大辞林

 

 めっちゃそのまんま。これ辞典としての役目果たしてるかも、あやしいところ。
 
漢字から読み解くと、口ひとつにたいして耳みっつ。1:3ですね。ふつうに聞こえる分の、3ぶんの1くらいのボリュームなのかしら。うん、わりとそうかも。
 
ささやきってやっぱりラブなイメージが強いけど、ないよりあったほうが15億は良い。ガヤガヤしたところで耳元でひそひそ話すとか、べつに静かなのにひそひそ話すとか、めっちゃ女子は好きだとおもうの。
「女子が好きなスイーツ」とかみたいな表記が結構嫌いなあたしですが、ここだけは使わせてほしい。女子はささやかれるの大体好き説。
メンズ、とにかくささやけばいいよ。それも、いかにもって感じのことじゃなくて、めっちゃしょーもないこと。ささやきで、全力で滑りにいく。あたしはこーゆうくだらないことにキュンとしちゃう。「なんなん、アホちゃう」みたいな。なにがって子ども感、それが好きな女子がほとんどなのでは。
 
やから、ささやく以外にも、とにかく木梨憲武っぽくいけばいいかと。(圧倒的ノリさん支持者)
 
というか性別関係なしに、ありのままで自然体でいる人がいちばん魅力的のような。かつ、真剣な会話ができるとか。子ども感あるのに真剣な会話できるとか。はい。これヤンキーのゴミ拾い現象です。とにかくヤンキーのゴミ拾いみたいなのが大好きすぎる。逆も然りで、クラスでいちばん大人しい子のダンスダンスレボリューションとか。まじ最高。
 
ヤンキーのゴミ拾い、
好きなアニメはテレタビーズの政治家、
休日はヘビメタバンドしてる宮大工、
ほんとは猫が好きな黒柳徹子
 
、、、
 
一見すると、そうでもなさそうなひとの、新しい一面を見たときのキュン。
 
あれ、なんでこんな内容になったんやろ。これが深夜のまほう。
あたしは好きなものもすぐ全開なので、ギャップとは程遠い人種やけどうらやましくなってきた。
ひとつだけ、だれにも言わないすきなことをつくろうかしら。
 
さあ、明日もいつもより20ぷんだけ早起きして、意識高い系CEOへの道は続く。
いつかはシリコンバレーのやばいCEOみたいに朝から抹茶とか点てるから。
なんなら片岡鶴太郎みたいになるから。
 
 
おやすみ。(ひそひそ ささやき声)
 
 
 

みんなの初夢2020

年明け大好きなひとたちと2日間盛大に遊びすぎ、昼過ぎにやっと起きた。

なんとも連休最終日にふさわしい。

車を走らせて田舎のスタバに行こうか迷ったけど、それすらもめんどくさい。 はて、私がスタバに行く意味とは? コーヒーのむ、書き物をする(Wi-Fi)、、以上。あれ?これ家でできるな。やっと気づいた28歳冬。

 

というわけで、最高に静かな古民家(自宅)できっかり1杯分のコーヒー淹れて、音はApple Musicのプレイリスト『ベットタイムビーツ』。さっき起きたとこやのにベットタイムビーツ。まだ昼なのにベットタイムビーツ。どんなけ朦朧としてんの。

 

ねむいというか、しあわせに埋もれて顔が湯豆腐みたい。

 

昨日初夢の話をたくさんして、あまりにもみんなの初夢が最高なのでこっそり紹介しちゃう。夢って著作権いるかな?まあいいや。

 

 

はちの初夢

 誰かに駄々こねてプロポーズしまくる 

はちは独身。あまりにも最高すぎて聞いたとき半泣き。ただのプロポーズじゃなくて、柴犬が駄々こねるくらいのお相手ってわけで。きっとはちは誰かを最愛のひとだと気づく瞬間が、もうすぐそこにあるのだということ。「ぜったいに手放したくない」の最強マウントが駄々こねでしょう?きっと。個人的には急に街の人間が踊り出すフラッシュモブのプロポーズとかめっちゃ嫌いなんやけど、駄々こねプロポーズはカッコ悪すぎて、最高すぎる。駄々こねプロポーズをどうにかしてオンタイムで影からから拝みたいなあ。ただのよこしまなオバさんのミユ。

 

※はちに関する情報は「はち」「柴犬」くらいしか記載してませんが、ぴんときた方は仲介紹介所の私まで。よこしまなオバさん心を堪えて、真摯に対応いたします。

 

 

 きむきむの初夢

 1人の人間に怒って泣いて、ハグしてわかりあう  

なんやこの樹木希林さんみたいな夢!とすぐ思った。そして「この人は誰やったん?」という、よこしまオバさん質問しそうなところをぐっと堪えた私、えらい。この人が誰であるのかは置いておいて、出川イングリッシュはこのためにあったのかくらいガチの「ヒューマンtoヒューマン」のやりとり。きむきむはそんな簡単に怒ったり泣いたりするようなヒューマンとちがうから。おいしいものを生み出すのが上手で、どんな私でも包んでくれる母性の持ち主。ちなみに樹木希林さんは亡くなった日に私の夢枕にやってきて、微笑んでお辞儀をしてくれた。大好きやったので亡くなった寂しさを、律儀に埋めに来てくれたと思っている。希林さんがきむきむに「もうすこし子どもっぽく、おもしろがってみたら」と言っているのかもしれない。

 

※きむきむに関する情報は「きむきむ」「料理上手」「母性」くらいしか記載してませんが、ぴんときた方は仲介紹介所の私まで。よこしまなオバさん心を堪えて、真摯に対応いたします。

 

 

わたしの初夢

 ①田中裕子似のおばちゃんが「孤独なまま〜とらわれず〜♩」って小躍りで私に歌ってる 

 ②空が宇宙で、海に浮かんだ沈みかけのイカダで水に浸かりながら小さな女の子にキスしてる 

おばちゃんの夢のあと、目が覚めて急いで携帯にメモして二度寝したら空が宇宙の海でした。2人の夢とは違って非現実的。ここ最近のテーマが「執着しない」やったので①はなんとなく納得。②はよくわからん、キスの感覚もちゃんとあって、チルで、ハッピーで、目覚めたとき最高の気分でした。

 

私は眠りが深すぎて8時間寝ても2時間くらいに感じるから、わりと本気でどっかに旅行でも行ってるのかな?相対性理論?みたいなことを思っている。これわかってくれるひといるかなあ。

 

 

こんなに初夢で盛り上がったの初めてやし、

年越す瞬間になんか生まれて初めてジャンプしちゃったし、

行きつけの飲み屋のシャイなマスターに「あけおめ〜!」ってしたら「アケ〜☆」ってギャルみたいな返事してくれたし、

初歌いは妹につられてドンキホーテやったし、

なんだか2020年はすごい年臭がやばい。くさすぎる。

 

すべてが必然のタイミングで、みんながさくっとアクションできますように。

真面目に祈りつつ、プープーぐるぐる活動しすぎてる私の大腸と子宮。

 

f:id:thanksallmiyu:20200105164836j:plain

 

 

 

thanksallmiyu.hatenablog.com

 2017年元旦もまあまあくさかった。

 

 

 

2020年はつづく。

 

 

 

 

過去のじぶんは、遅れておいつく

 

新年おめれとうございます!

きょうはノリノリでスタバでタイプしています。新年いい感じ。

みなさま今年もどうぞよろしくおねがいします。 

 

わたしの1月2日はこれを有言実行した。

 

 

なななんと、

ぜんぜん知らない人が、どこからかこのブログを見つけてくださり、シェアしてくださり、「この感性がすきだ」と言ってくださった。神すぎる。なにこの神。

 

 

thanksallmiyu.hatenablog.com

 

しかもこの投稿は結構前の、思い出すとまあまあ恥ずかしくなる時期のやつで。「自分をほんとうに晒すなら、過去のものも消してはいけない」と勝手に十字架を背負って残したまま投稿し続けていた。

 

嬉しくなりすぐコンタクトをとる私。テンション上がるとすぐコンタクトとりがちの私。現代ってすんばらしーね。私はSNSで繋がった大切な人がわりといる。

すこしだけやりとりをさせていただいて、自分が自分に向けて書いていた「過去の言葉」を、「いまこの方」がしっかり汲みとってくださっていた。私が残したものをひろうか捨てるか、どう感じてもらうかは誰かの自由なんやけど、いちばん私が喜ぶパターンのやつでした。本当にありがとうございます。

友達や知り合いでも、私の文章が好きだと言ってくれる人がいる。どこかの誰かから、純粋に好きだと言ってもらえたことは初めてのことで、嬉しさもひとしおなのです。

 

この瞬間に過去のじぶんは、今もいることに気づいた。思い出や記憶を覚えているのは今の私で、その記憶レベルはフロッピーディスクくらい。文章や音楽、絵、写真は創造した瞬間、そこに留まる。すこしも先に行きたがらずに、留まっていてくれる。空間を瞬間で切り取って、スクラップしたかのように。スクラップブックやから、いつだってページを辿って遡ることができる。残したまま、ずーっと遡ってもらえないスクラップもある。でもそれはそれで意味を為している気がした。

 

こうやって、誰かを通して過去の自分が遅れて追いついてくれた。そうなった瞬間、過去も今になる。過去の自分はいつだって一緒にいる。自分が気づきさえすれば。

 

 

https://www.instagram.com/p/B6f4NH5hT1U/

惜しみなくgive

 

 

過去の自分をずっと体にまとって生きている。だったら今が最高。

 

 

 

 

 

:言葉を。 12/24

 

メリークリスマスイブ!!

はりきって鮮血みたいに真っ赤なパンツを職場に履いて行ったら、鮮血みたいなニットの女性が2人もいて、鮮血トリオだった。うちの職場最高。

 

ことのはじまりは、こちらから。

 

この前出会った言葉 - 呼吸器のようなもの

 

 

書くことは私にできる、数少ない創造できることなのだけれど気をぬくとすーぐ遠ざかってしまう。

しあわせにあふれているときはなおさら。そればいいとかわるいとかの判断ではなく、生きているからには惜しみなく自分を遺していくべきだと思う。うまいとか、へたとかは受け取ったひとが判断すればよくて、私は自分にその判断をしてやるべきでない。

 

今日はクリスマスイブ。あまりにもすてきな会話をしたので、うれしくなって書く気になった。

 

おしゃべりの相手をしてくれたのは、私の向かいの席にすわっている事務の年上のお姉さん。普段は他愛のない会話をする程度だけれども、今日はひょんなことから「自分をどう心から喜ばすか」みたいな会話になった。さいしょは逆に自分がむなしいこと、自分が喜べないことをぽろぽろとしゃべりあった。そこで、大きく共感しあえたことが、「人の役に立てていないような感覚はめっちゃつらい」ということだった。楽しさや喜びには、自分以外の誰かが大きく関わっていて、なおかつ「その人が喜んだ=お役に立てた」ときに自分はいちばんうれしいのではないか、という考察。結局自分の喜びは、人の喜びだったという。それがほとんどの人に起こっている喜びの根源だった場合、「喜ばし合戦」が世の中の水面下でしたたかに行われていることになる。「たしかに、そんなところありそうですね」とお姉さんは答えてくれた。出先で大切な人を思い出してお土産を買ったり、なんてめっちゃしたたかな喜ばしだ。この間は大切な人が職場に大量にあったお土産のベトナムコーヒーを、こっそり私の分までもらってきてくれた。私はその人が私を思い出してくれたこともひっくるめて、喜んだ。

 

とにかく、こんなやりとりをイブの昼間に、しかも職場の向かいの席の人とできるありがたさ。私は感動してしまってつい、「こうゆうやりとりのために言葉ってありますよね」と言っていた。お姉さんは「本当に」と言ってくれた。

 

あんまりきれいなやりとりだから、ブロブに書こうと思ってふとちなみに25の言葉シリーズの次はなんだっけと確認したら、「言葉を。」の回だった。

これを偶然と捉えるか、必然と捉えるかで人生のドラマチック加減が大きく変わるとおもう。私はせっかくなので後者をとる。

 

ほんとうに大切なことは、言葉では伝わらないと思っている。だからといって会話や言葉をそこそこにしておくではなく、肚の底の感情を表せるよう、どうにかいちばん近い言葉を見つけないといけない。

自分を遺すということは、きっとそうゆうこと。

 



 

あいしてるよ