心から笑っておくれ

杉本実優(スギモトミユ)滋賀生まれ11月生まれ大阪在住25歳児。考えたり感じた言葉を綴るのがすき。日々感じたことの備忘録。

9月21日

線路沿いの うちの家

線路向きのベランダから 電車の音と風が吹き抜ける

 

ぼんやり何もしないをする 木曜日

 

身体にはたるい疲れが残っているけど起きたみた

 

 

ふとあの人の詩を読んでみる

 

ずるいなあ

 

ここにいないのに ここには私だけの孤独があるのに

気づけばそばにいる あの人の言霊たち

 

あの人の優しさの鏡越しに 自分を見て

なまぬるーい自己嫌悪

そんな私であることすら その人はわかっている

 

考えることを放棄しかけている自分は いつぶりだろうか

私のなかに静かさが響いてなんか悪くないし久しぶりの感覚

 

感じているようで考えつづけていたらしい

 

 

なんにもできなくていいや

 

愛せるものがあれば

 

 

ケータイ置いて、ノーブラで散歩しよう

 

イエス・トゥー・エブリシング

あたしはゲストハウスとバーで働く25歳のフリーターで、

大阪で同棲していて、

毎日は不安定だけど今のスタイルが好き。

純粋に幸せを感じることができている。

働いた時間だけ「時給」とういう形でお金をもらえて、

同世代の平均女子よりきっと収入は少ない分、時間を自由に扱っていると思う。

 

こんな自分に納得していい感じって思うとき、

こんな自分に嫌になるとき、両方とも平等に存在していて。

今はいろんなことを考えるきっかけを与えられて、少し混乱しています。

おかーちゃんに働き方も恋愛も全部違う方向を向くことを希望されていて、「私は私の人生がある」って強く貫けない自分がいて。

今の生活が続けばとっても幸せ。でも私がその幸せを人におすそ分けできていないってゆうか。それに申し訳なさを感じているから、自分の思ったことをしっかり言えなかった。

 

そんな自分で日々を過ごしてみると気づいたこと

・家がめっちゃすき

ワンルームの狭くて整ってもいない部屋だけど、ここで本を読んだりYouTube観てるの最高(笑)

・夜は家で過ごしたい

どんなけ家がええん。なにがってゆっくりしたいんやろね、自分。

・仕事が楽しい

めっちゃ落ち込んで外に出たくない日も働いてみれば、すごい楽しい日になった。

過保護のカホコが自分のよう

彼女のようにまっすぐで素直ではないけれど、みんなが大好きでみんな仲良くなるにはってずっと考えている。どっちつかずの私がみんなを心配させているのかもしれないけど。

 

 とまあ考え事が多い今日この頃。

たとえ今の状況このままがいいとどれだけ願っても時間はあたしを置いていくし、すべて何かに動かされている。

 

悩んだままだと置いていかれるから、ちょっぴり勇気の要ることを。

できるときにやっとこ。

 

あたしの好きなと

・人との会話

・自然の中にいること

・言葉を綴ること

・おもろいこと、へんなこと

 

さあ今日もおもしろく生きてやりますよ、私は。

 

 

 

 

 

 

このあいだの日記

子どものころのときのように、
南草津図書館の音楽・演劇の本棚の向かいの一人がけの椅子にすわる。
窓から空が見えて好きだった席、きょうはブラインドがしまっていた。

 

さっきまで草津でお友達親子とランチ。
ただ簡単な言葉にするならば、とってもいい時間だった。それだけ。

あの親子がとてもすてきだとあたしが感じたように、
あたしもそう思われていると母が誇らしい。


立場があっても人と人に変わりはなくて、
それを見抜く力があたしにはある。
これはあたしの強みであって母に与えてもらったもの。
そんなあたしの強みは今日も存分に発揮してくれた。

 

「最終的には必ず受け止めてくれる」

 

今後あたしがどんな人生を歩んでいようが、その言葉がほしかった。

 

言葉を選びながら、様子をうかがいながら話してくれたその心はきっと彼女が人生で色んなことを感じ取ってきたことを物語っている。

あたしの人生、あたしが見捨ててどうする。
あたしには揺るぎない覚悟がまだ用意できていなかった。
それを母は悟っている。

 

図書館の静けさの中に響く
足音、本を取り出すときの音、懐かしい音が心地いい。
スポーツや宇宙の本棚ばかり立ち止まっていたあの頃のあたしが想像していなかったほどの日々を送っている。


あの頃のようにゆっくりと歩き回り、立ち止まる本棚はどこだろうか。

✴︎無駄づかい

 

仕事で忙しい1日も、

遊びに夢中な1日も、

遠くへ出かけた非日常な1日も、

だらりとお家ですごす1日も。

 

泣けるくらい笑える1日も、

泣けるくらい嬉しい1日も、

泣けるくらい悔しい1日も、

泣けるくらいほっとした1日も、

泣くしかないような1日も、

涙が枯れてしまった1日も、

 

ただの何気ない命のくりかえし。

 

そこには時間というものだけが存在していて、

今のじぶんをすぐに置いていく。

 

残されたこれからの時間のことを

考えるくらい生きているそんな日こそ、

時間を無駄づかいすればいい。

 

無駄づかいや空虚にさえ意味を感じることができたら、

もうずっとずっと有意義なのに。

 

そこに在る命が、すでに有意義なのに。

 

 

:覚悟を。 6/12

こんにちは。

 

今日は覚悟について、です。

いまでいくつめ何でしょう。

 

ことの始まりはこちらから。

 

thanksallmiyu.hatenablog.com

 

 

最近、というかちょうど昨日、

あたしは久しぶりに覚悟を決めた出来事がありました!

 

ラップトップのパソコンを現金一括で買ったのです。。

そして、このタイピングをさっそく担ってくれているというわけ。

「どうせ買うなら」と思って少しづつ貯金をして、1ヶ月ほど前にはもう無事に欲しいパソコンを買えるだけのお金は貯まっていました。

 

ここからが長かった(笑)

 

あたしにとってはすげえ大金なのです。

それをパソコンにぱーっと使ってしまっていいのか・・・

もっと必要なものは他にないか・・・

貯金なくなっちゃうなあ・・・

親孝行もできてへんのにほしいもんばっかし・・・

ってゆうかほんまにほしかったっけ・・・?

 

みたいなことをぐるぐる考え続け、すっかり物欲とは一度距離を置いていました。

(でも心のどこかでは自分に買ってやりたかった。)

 

 

「お金は使った分だけ入ってくる」というお金持ちの名言をやたら信じて

お金を循環しまくっていたあたしにとって(笑)、初めてのまとまったお金やったのです。

旅行も買い物もたくさんしてきたけどその分前月にばり働く、みたいな極端なことばっかりしてきてたのです。アホです。

貯金が趣味な人のきもちが、少しわかったような気がします。

心に余裕が持てたような気もします。

 

 

今回そんなあたしが無事にお買い物できたことは、2つのきっかけがありました。

 

まずあたしはお月さんの満ち欠けや星座のことを気にしながら生活しています。

それでパソコンを買おう!と再び思いついたのが自分の星座の(射手座)満月だったこと。しかしそれだけでは結局覚悟できず。

2つめはともだちのフジイ君の一言でした。

「出した分だけ入ってくるから。思い入れを持った分だけ覚悟できてがんばれるよ。」みたいな。(曖昧)

 

彼の何気ない一言で あたしには自分の人生への覚悟がない ということに気づいてしまったのです。

パソコン一台でまじ大きなストーリー展開です。(笑)

そうすると自分の今後に希望を持てていない自分の存在がむかついて、

お月さんパワーにあやかって無事購入に至ったというわけ。

 

結果ものすごくざわざわしたけれど自分で自分を喜ばすことができたし、

「よーし」と心のふんどしを締めなおしたきもちです。

 

 

「おまえ、覚悟はあるのかよぉおお」みたいなよくある名ぜりふは、

意思や度胸の確認やと今までは捉えていたけど

これからは「おまえのポッケには、希望入っているのか」みたいな風に感じ取れそうです。

「覚悟」という言葉は、

どこかとがっている感じがしてびくびくしていたけど、厳しくて優しいおじいちゃんみたいな存在かもしれません。

「悟りを覚える」ってめっちゃ仙人っぽいです。

 

というわけで、

何かを乗り越えようとするときなんかは、心の仙人おじいちゃんとなかよくしたいと思います。

 

そして、

このパソコンは「おじいちゃん」と名付けてこれから共に生活しようと思います。(オチ)

 

 

 

 

✴︎おねがい

どうにかしてください。

この、どうしようもなくお節介なあたしを。

こう見えて、たまに自分でうんざりするんですよ。

あたしは、あなたの「今」を否定してしまっていないか。

 

とにもかくにも、

小心者なお節介があなたに今伝えたいこと。

 

 

●いいですか、

あなたは本当に大切で、大切なんです。

 

●あたしはあなたのことを良し悪しで判断しません。

だから、あなたの過去も今もそのまんまで大丈夫です。

あたしだって同じだから。

 

●あなたのことを嫌っている人がいたとしても、それはごく一部です。

その何十倍もの、あなたのことが大好きな人がいます。

嫌われた人より、私達を思い出してください。

 

●あなたは絶対大丈夫です。

絶対今より幸せになれます。

「自分が悪い」とゆうすぐに他人を優先するフィルターをどうか外して。

 

●無理に元気なスイッチ入らないでください。

心拍数が上がるのはよくありません。

身体に優しいことが、自分の心に優しいことです。

 

●結局人間は孤独で一人です。

自分にはいつだって自分がついていてくれるじゃないですか。

 

●過去の自分は山を乗り越えたり、失敗したり失恋に絶望したりしてきていても、今日がここにちゃんとあります。

今日までちゃんと生きてきたことを、自分くらいは褒めてやりませんか。

 

全部あなたのおかげです。

ありがとう。

 

 

✴︎いや

隣にいれへんとか、いや!
絶対、いや。

 

一緒においしいもん食べれへんとか、いや!
絶対、いや。

 

触れる距離じゃなくなるなんて、いや!
絶対、いや。

 

もう会えへんとか、いや!
絶対、いや。

 

一緒に歩けへんとか、いや!
絶対、いや。

 

声とか、触った感覚を忘れるとか、いや!
絶対、いや。

 

ふと匂いで思い出して悲しくなるとか、いや!
絶対、いや。

 

あたしだけ残されるとか、いや!
あたしだけ先行かなあかんとか、いや!
絶対、いや。

 

そんなん、、、


そんなん、絶対いやや。

 

 

なんでもない日に、そんなことを考えるあたしは寂しがりのアホです。


でも、ほんまに大好きやから、
嫌やから、
ずっとあたしより元気でいて。

 

あなたへ。