呼吸器のようなもの

スギモトミユ滋賀生まれ11月生まれ。日々感じたことの備忘録。

呼吸器のようなもの

ブログのタイトルを、しれっと変えました。

「心から笑っておくれ」から、「呼吸器のようなもの」へ。

 

文章を生み出す行為は、私にとって呼吸を整えること。気づけば中学生からずっと何かしら文章を残してきていて、それは、日々をすごしていくために必要な酸素ボンベでした。

書くこととライフが強く繋がっていることに、今更気づきました。

 

 

このブログを始めたのは3年ほど前なのかな。そのころ、私の文系マインドを目覚めさせる友達に再会します。彼女は文章を書いたり絵を描いたりしていて、それをさまざまな形でオープンにしていました。私にとって描いたり書いたものをみせるなんて、パンツを見せるくらいの気持ちで、もう尊敬っていうか畏敬の念みたいな。

そこからこんなふうにしてブログにアップすることが始まりました。

タイトルを「心から笑っておくれ」にしたのは、私の大切な人たちが幸せでいてほしいなってゆう感じだった。それで、その時によく聴いていたつじあやのの歌詞の一部をもらいました。

最初のほうは誰かにに宛てたメッセージみたいなのを書いてばかり。人を励ます自分に酔った、マスタベーションみたいな文章ばかりです。人のことを気にするふりして、自分のことから目を背けておりました。このころ書いたものは消したいし非公開にしたいんやけど、これも人生のネタなので晒しておきます。それにいつかこの文章たちが、私を励ますかも。

ブログに書くようになってからしばらくして、すごくもがいていた時期があって。それで、もう何もかもどうでもよくなって、さらけ出したくて。じゃないと、生きていけないような、そんな時期があって。自分自身のこと、父親とのこと。ああ、それで、フルヌード撮ったりも。笑 そろそろまたやっとこかなあ。笑

 

それに、あの人が言ってくれていたように、自分の書いてきたものを紙媒体にしてみたいかも。

そのために、ここでひたすら残していくことからかなあ。

 

そんなことで、私は誰かに心から笑っていてほしいなんて求める分際じゃなくて。

そんなこと思ってたら自分にフォーカスしなさいよって。やーっと気づきました。

誰といても自分は常に孤独だし、1つになれないからこそ世界は美しくて成り立っている。

早く還ってしまいたいと思うことはタブーで、何も生み出さない。だったら、私は呼吸器があるんだから、それでここでささやかに生みだすよ。人間として生きた証。インスタグラムも生きた証やけど、もっとディープなところまで自分をまだまだ深掘りしたい。

 

死ぬまで老後のネタ作り!