呼吸器のようなもの

スギモトミユ滋賀生まれ射手座。日々感じたことの備忘録。

:素直を。 1/23

 

たいして映えていない日常をSNSに更新しまくること、クラブで私に好意のあるメンズが近寄れないほど踊り倒すこと、スキがあれば全裸で海やびわ湖に飛び込んでしまうこと。

 

このへんのことを見ても、私はわりと素直なほうだと思う。というか、自制機能がポンコツすぎる。常に何かを出していないと、じっとしていられない病気。これは、毎日体を使いきる、という意志のもとにあったりもするけれども。寝るときは死ぬくらいの気持ちでいたい。

 

ことのはじまりは、こちらから。

 

thanksallmiyu.hatenablog.com

 

 

最近出会った人との会話の話題によく「素直」があった。いいタイミングなのでそれを書かせていただこうとおもいます。ひらめきをありがとう。

その人と出会って間もないころ、「私は素直だけが取り柄なんです。」みたいなことを言った。

そしたらその人も「いや自分も素直さでは負けへんで。」と、そんなやりとりが初っ端からあった。

負けへんでと言われてしまったその瞬間からそれはもうタイマン。

この人には自分の思っていることをとことん話しても大丈夫な気がしたし、自然とそうなっていった。

私、天使ミユ、悪魔ミユ、その人、天使その人、悪魔その人の6人サミットが開かれたこともあった。

天使ミユと悪魔ミユの言葉を代表して口から音にする、ミユ。

こんなふうに話すと自分事をすこし離れて話せて、より素直だった。

 

なんとなく発した言葉から、初めて自分が感じていたことを自覚したりすることがたまにある。

言葉を発した口はたしかに自分のものなのに、自分の中の誰かが言ってくれたような感覚のとき。

この現象は、相手が私の発するものに「全部受け止める」と肚をくくってくれたときにだけ起こる。

それを無意識に、ときに自覚したりして、その人の肚へ気持ちを投げたときにだけ出る言葉がある。肚で引き受けてくれる人がいるからこそ、私は素直さを発揮できるの。

 

だったら、人間関係はいつだってタイマンなのである。

お茶をすること、仕事のやりとり、朝のいってきます、同じ音楽で踊ること、セックス、ぜんぶぜんぶ私の中ではタイマン。

世界最小のコミュニティはサシでの対面だから、そこの向き合い方が基準となって社会に現れる。

語弊がないように言っておくと、いかに自分をオープンにできるかというタイマンなので極めてピース。

このタイマンはじゃんけんのない野球拳。ただの脱ぎたがり。

大事なのは通報されるかされないかのラインを見極めながら脱いでいくこと。

一気に全裸になると即通報で拒否されてしまう。まれにボーナスタイムでこの人のように、すぐ全裸になってもうまくタイマンできることもある。

 

こんなことを昔から心の中で思いながら過ごしている。

二十歳のころの私のテーマは「形にする」だった。われながらいいとおもう。

 

その人にここまでの経緯を一切説明せずに、「人間関係ってタイマンですよね」と言った。そしたら「ほんまそれ!素直タイマン!」って言ってくれて、ぶりんやった。

 

いろんな矛盾と向き合っている。すこし歳を重ねたぶん、同時にいろんな感情がわかるようになった。

どの感情を今の気持ちに当てはめるか、自分世界の中で何よりも大事にしたい。

 

 

https://www.instagram.com/p/B7at7OsBQB9/

地球のちりとちりがかさなりあえば、それは ミルクセーキ



 

素直に肚で向き合うこと、素直タイマン。

 

素直に肚と向き合うこと、素直タイマン。

 

ありがとう、いー薬です。