心から笑っておくれ

杉本実優(スギモトミユ)滋賀生まれ11月生まれ大阪在住25歳児。考えたり感じた言葉を綴るのがすき。日々感じたことの備忘録。

シマ2日目

早起きして浜辺を散歩したいなあ、なんて思っていたけど案の定寝坊。

宿のベットはすごくよく眠れた。アキラくんはすでに農園に仕事に行っていて、りょうへいくんはまだ寝ているみたいだった。

賞味期限がぎりぎりで家からわざわざ持ってきたグラノーラにヨーグルトをかけて食べた。それにコーヒーとたんかん。たんかんは奄美のみかんで、いよかんとオレンジのハーフみたいな味がする。

 

宿のそばにもうさわちゃんが迎えに来てくれていたので、急いで乗り込む。今日は1日晴れそうで、天気がすごくよかった。奄美の海沿いは、島が入り組んだり目の前に島があったりして波が穏やかに見えた。どこまでも海が続いている感じがあんまりないから、あたしには琵琶湖のように見えて懐かしい気持ちになった。名瀬から1時間ほどかけて、港のある古仁屋へ。車ごとフェリーで向かう予定だったけれど、レンタカー屋さんで普通車にグレードアップしていたせいで車の積み込み料金がめっちゃ高くなって焦る。急いで加計呂麻島にふたつしかないレンタカー屋さんに電話する。本当は【古仁屋ー瀬相】の便に乗るはずだったけど、最寄りのレンタカー屋さんに繋がらなかったので、【古仁屋ー生間】の便に遅らせた。結局加計呂麻島に滞在が4時間ほどになりそうだったけれど、さわちゃんも気にしている感じじゃなかったから「気があうなあ」なんて思ったりしていた。

 

フェリーまで時間ができたので近くの高知山展望台へ。らせん階段でもっと高くまで登れて、目の前の加計呂麻島の大きさにびっくり。まだ少し時間があったのでお隣の油井岳展望台にも行った。景色を楽しむなら高知山、おにぎりを食べるなら油井岳って感じかな。古仁屋に戻って、港の駅でお昼に食べた海鮮丼がすっごくおいしかった。食べるのはやっぱりさわちゃんのほうが早い。気づけばいい時間で、急いでフェリーに乗り込んだ。昨日は曇っていたからあんまりわからなかったけれど、海が本当にきれい。船着場から飛び込みたいくらいの群青だった。

 

たしか15分くらいで加計呂麻に着いたと思う。船に乗っていた人は、あたし達以外みんなシマの人だった。大きな買い物袋や花束をもって、迎えの車に乗ったりしていった。レンタカー屋さんの看板が下がっていたのは、沖縄風の古民家。家の裏に回って何度か「すいませーん!」と呼ぶと、畑の向こうからかわいいおばぁが出て来てくれた。借りるときの手続きは免許証の番号を書いて、お金を払うだけ。あとは好きな車選んで乗ってね〜といった感じ。おばぁが「あなたたちにはピンクが似合うからこれ乗りなさい」とピンクの軽自動車を勧めてくれたけど、まったくエンジンがかからない。結局隣のグレーの軽にした。きっとあのピンクの軽はずっと故障したままな気がした。

 

海沿いに道が続いていて、民家があるだけで他にはなにもない。たまに自販機を見かける程度。勾配が急な道をぐねぐねドライブした。映画の「海辺の生と死」のロケ地もあった。本当に大きなシマで、このままではドライブだけで終わってしまいそうだったので、スリ浜に車を停めて外にでた。スリ浜は寅さんが劇中で死んだところらしい。砂浜でさわちゃんとたんかんを食べながら、それぞれの今日までのこと、悩み事とかをおしゃべりした。そのあとあたしは岩場をうろうろ歩いて散策して、瞑想したりした。浜のずっと遠くにさわちゃんがいて、何もしないままぼーっとしているみたいだった。すこし強くなった潮風を浴びながら、同じようにぼんやり黄昏てみると、幸せと孤独で心がいっぱいになる。さわちゃんは何を感じていたのかな。あたしが浜に戻った後は、一緒に落ちているサンゴで浜遊びをしたりしているうちに、あっという間に帰る時間になった。船を待っている間、シマバスの運転手さんとシマの男の子が声をかけてくれた。奄美の人は本当に気さくで、スレてない感じがする。男の子は、あの魚がオジサンという名前のこと、波がない日は港までウミガメが来ることなど教えてくれた。

 

「夜は鶏飯を食べに行こう」とさわちゃんが誘ってくれたので名瀬市内に戻って、評判の居酒屋さんに入った。お言葉に甘えてあたしだけお酒を飲んだ。最後は「関西でも絶対に会おうね」とハグしてお別れした。

 

宿に戻るとりょうへいくんとアキラくんがいて、だらだらとおしゃべりをした。アキラくんは酔っていて、12時前に急に「今から屋仁川行くっ」と言ってタクシーを呼びだした。屋仁川は鹿児島で二番目に大きい繁華街で、3人でスナックを二軒はしごした。店のお姉さんに「休みはなにしてるの?」と聞いたら「何もやることがないから釣りとか」と同世代のギャルが答えるのでおもしろかった。

 

酔っ払ったアキラくんはそのまま繁華街に消えてしまったので、りょうへいくんと2人で宿に戻った。りょうへいくんがカモミールティーを淹れてくれたので、ふたりで真夜中のティータイムをして寝た。朝から活動しっぱなしの1日だった。

 

f:id:thanksallmiyu:20180404203258j:plain

ウミガメがやってくる加計呂麻島の港