読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心から笑っておくれ

滋賀生まれ大阪在住25歳児スギモトミユ。考えたり感じた言葉を綴るのがすき。日々感じたことの備忘録。

: 慈しみを。 2/25

さあ、第二弾です。まだまだ先は長い。

けれど、ゆっくり大切に向き合いたいので急ぐこともしません。

 

 

 

あたしは1つずつ向き合ってみることにしました。

 

事の始まりの、詳細はこちら。

 

thanksallmiyu.hatenablog.com

 

 

 

 

では 慈しみを。 について。

「愛」を分類したような、その中のひとつのような、そんなイメージ。

 

とりあえず国語的な「慈しみ」ついて検索してみたところ、

   【いつくしみ】・・・かわいがり大切にする。-いとおしむ。

と、ありました。

 

あたしには「いとおしい」と想いあうひとがいます。

かわいがり大切にする。  という一文のおかげでいとおしい人について書こうと思いました。

 

あたしのいとおしい人とは。

甘いものとお肉がすき

夜ごはんのあとにお菓子も食べちゃう

毎月ケーキを買って帰ってきてくれる

給料日のあとはあたしのすきなところへ夕食を

口下手だけど表現しようとしてくれていて

朝と、帰ってきたときと、寝る前には必ずハグとキスを

用心深くて心配性、アイロンはいつだってちゃんと切れている

ベットにたどり着かず寝てしまう癖は治療中

おいしいものの最後の一口はあたしにくれて

あたしを喜ばすことが得意

あたしの顔の角栓を抜くことが趣味(笑)

土曜日の朝は疲れていても早起きしてジムに行く

仕事が大変でも、何だかんだ話すことは大抵楽しそうな出来事

 

ただの惚気になっていますが、こんなひと。

知っている人は知っているけれど、ケンカはしょっちゅう。昨日もした。(笑)

 

あたしの人生で、初めて子どもに還ったような感覚を与えてくれて。

「慈しみ」の人だなと、感じたので。

 

心配になったり、向き合うこともたくさんあるけれど

あなたの優しさであなたが傷つかないかたまに心配になります。

あたしがこんなフワフワしているから、でもそんなところも好きと言ってくれてありがとう。

 

ケンカになった日も、ふたりして泣いてしまった日も

きっとその先にいつもあるのはあたし達の幸せ。これを、忘れないでいようね。

 

あなたと出会ってからあたしの性格はガラッと変わりました。

頑張り屋さんだった自分も、もうお別れが本格的に近づいている。

それは、あなたが大丈夫だと教えてくれたから。こんなあたしを愛してくれているから。

あなたに出会っていなかったら(きっとそんな人生はないんだけれど)、もっと寿命が早かったかもしれないと本気で思う。

 

本当に感謝しています。

 

定期的にあの人のこともブログに書こう。

なまえは、「きのこくん」で。

きのこくんのおかげであたしの世界は広がりました。いつか、そんなことも皆さんに向けてお伝えできれば。

 

 

本当に個人的な内容になり、しかも文章を終わろうとしている自分がいるんだけど、

「慈しみ」ってまたまた照れくさい言葉だね。

「あなたって慈しみがあるよねェ」なんて居酒屋のカウンターで言われたりしたら、バシッとその人の肩を叩いてしまうかも。

 

慈しみって、とっても女性的な感じがしてやわらかい。

とっても優しい眼差しのあるひとって、いるじゃないですか。

あたしあの眼差しで見つめられちゃうときゅーんとしちゃってもうだめなんだけど、そんな瞬間って本当にきっと優しい何かがうまれてると思うの。それか策士か(笑)

 

あなたもきっとそんな眼差しを無意識に向けているひとがいて、

そんな眼差しを誰かから向けられている。

[目は口程に物を言う] なんて誰が考えた例えたのか。もはやコミュニケーションの真理じゃないかとあたしは思う。

 

 

年末年始はすこし街もちがう雰囲気ですね。

あたし達もすこしちがうことをしてみませんか?

 

目を見れない人はちらっと見てみたり、

レジの店員さんとも目を合わすようにしてみたり、

そしてあの人をいつもより長く、たいせつな気持ちを込めて見つめてみたり。

 

 

そうすれば、きっと何かがうまれているから。

優しさや愛は、波にのせてあたしをすてきなところへ必ず連れて行ってくれる。