呼吸器のようなもの

スギモトミユ滋賀生まれ11月生まれ。日々感じたことの備忘録。

呼吸器のようなもの

ブログのタイトルを、しれっと変えました。 「心から笑っておくれ」から、「呼吸器のようなもの」へ。 文章を生み出す行為は、私にとって呼吸を整えること。気づけば中学生からずっと何かしら文章を残してきていて、それは、日々をすごしていくために必要な…

:元気を。 5/3

あーあ。 GW日連続更新、サボりにサボりまくり、また今日も3本書くことに。 ぎりぎりになってやるのが私です。 ことの始まりはこちらから。 thanksallmiyu.hatenablog.com きょうは元気ということば。 最初に気になったのは「氣」という旧字体。私はスピリ…

✴︎水田

夕焼けの終わりかけの時間 水を張ったばかりの田んぼに映るオレンジとグレー 七尾旅人の天までとばそ 空気たちをつれて、運転する私 空気がいっぱいすぎて、胸がつまりそうな車内 数学の問題、わからないときは書いたり消したり きっと同じ解き方は続けない…

今の日記

GW更新4回目にしてネタがないという、日記。 書こうと思えばいくらでも見つかるんですけど、ぴんとくるものがないので、ただネタがないことを嘆きながら平成さいごの今日をふりかえります。 いまはまもなく16時のスターバックスにて。人はおもったよりも…

:口づけを。4/30

毎日更新宣言3日目、よなよなカラオケに行きさっそく更新できず。 だから、昨日のぶんを書きます。 超、ちょうひさしぶりの25の言葉シリーズ。いってみよーう ことの始まりはこちらから。 thanksallmiyu.hatenablog.com 口づけだってさ〜 はずかしいね。 …

すこしのポジティブと

ただ感謝しておごらず、かなしまず、おだやかに1日を過ごすことはまだまだ私には難しい。杞憂したり、バッドエンドな妄想がとまらなくなったり。今日感じていることは、もう明日には忘れているかもしれないと思うと、少しかわいらしく思えてくるけど、やっ…

スタンド・バイ・ミー

今更ながら「スタンド・バイ・ミー」を観た。もちろんアマゾンプライムの恩恵で。 舞台がなんと3年前に行ったオレゴン州のポートランドだったし、 少年のリバー・フェニックスが最高にかっこいいし、 ストーリーもすばらしくて、安定の職場の食堂でひとりす…

ハロー

こんにちは。 字を書く癖をうしなってしまうと、言葉がわいてこなくなる。 おお恐ろしや。そんな感じの最近です。 かわりに、映画をみたり本を読んだり、じーっと考え事をしたり、繋がっているどこかへ思いを馳せたりしている。(どこなのかは内緒) プリミ…

27歳になったよ

またひとつ、歳をとりました。 お祝いをしてくださったみなさん、ありがとうございます。 この1年は振り返ると、まるで50Mメートル走のようなあっという間さ。というか、常に全力疾走だった。 ・京都から大阪へ引越し ・大阪から実家に引越し ・転職 ・…

承認欲求とかのうんぬん

承認欲求がなくなった。 そう、言いながらこうして文章を綴っていることはおかしいのかもしれないのだけれど。とにかく、こう見えて承認欲求がなくなった。SNSは大好きだけどね。 去年までのあたしはとにかく誰かに見ていてほしかった。焦燥感に駆られて、誰…

結膜炎でよかった

もう1か月も前のこと。 ゴールデンウィークの前日、両眼が真っ赤に充血した。 妹がその何日か前に結膜炎になっていて、それを覗き込んで見た日があった。それで、案の定うつってしまったらしい。しかも両眼。メガネ&すっぴんのホリデーが始まってしまった。 …

おかねのこと

お金をまったく使わなくなった。 平日に使うのは、300円もあれば十分になった。 すこし前のあたしならば、お昼ご飯代だとか、コーヒーをコンビニで買ったりだとかで1000円くらい使っていた。夜ご飯の買出しがあったらそれ以上。もちろん実家で暮らす…

シマ5日目

最後の朝くらい、と思ってななちゃんと浜辺をのんびり散歩した。のんびり散歩しすぎて、時間がなくなった。大急ぎでパッキングをする。昨日そのまま寝たことをちょっと後悔。こうたろうくんが迎えにきてくれた時間に結局間に合わず、少し待たせてしまう。帰…

シマ4日目

やっぱり朝はぐっすり眠ってしまい、寝坊。ななちゃんも寝坊していて安心した。やっぱりお母さんの魔法がかかっている気がする。ふたりでのんびり朝ごはんを食べてから、マングローブのある住用まで、車で向かってこうたろうくんと落ち合う。 こうたろうくん…

シマ3日目

前日までの予報の通り、朝から大雨。昼前に起きて、大雨の中壊れたキャリーケースで出発するりょうへいくんを見送った。 二度寝したり、娯楽室でだらだらしたり、この旅で初めてゆっくりひとりになった。 ゆっくりしていると部屋の掃除にお母さんがやって来…

シマ2日目

早起きして浜辺を散歩したいなあ、なんて思っていたけど案の定寝坊。 宿のベットはすごくよく眠れた。アキラくんはすでに農園に仕事に行っていて、りょうへいくんはまだ寝ているみたいだった。 賞味期限がぎりぎりで家からわざわざ持ってきたグラノーラにヨ…

シマ1日目

この日がやってきた。飛行機はお昼ごろ。 めずらしくパッキングは前日に済ませていたこともあって、寝坊してももはや余裕がある気持ちくらい。ぱぱっと用意を済ませて、旅行用の小銭入れにお金を移す。旅はいつもバックパックだから、ゴーヘンプのジーンズの…

奄美を選んだきっかけ

三月のはじめの5日間、奄美大島へ行ってきました。 そのことを、あれこれ残しておきたいと思います。 そもそも、なんで奄美だったのかというと、いくつかの理由があります。 ・満島ひかりさんが好きだから(彼女の祖先のルーツが奄美) ・奄美島唄初めて聴…

うれしくてさみしい日

今週末は生まれて初めてのことを経験した。 妹の苗字が違う苗字になった。 つまり、結婚した。 まだ実家にいるし、結婚式もないから実感は湧かないだけども、やっぱり感慨深いものがあるよなあ。 おかんはきっともっと感じるものがあるんだろう。 夏にはあた…

ベランダデスクにて

こんばんは。 あんまり月が綺麗だから、部屋を真っ暗にしてベランダにパソコンを置きながら、月明かりで文字をタイプしています。 お風呂上がりの火照った身体に、冷えないように毛布を巻いて、顔だけシャキーンとしている感じ。 春の空気は澄んでいるけど、…

ひさしぶりのなんでもない今日

ずいぶんおひさしぶりになってしまいました。 今日は春めいた天気だけど風が冷たくてきもちいい。 この季節になると高木正勝さんばかり聴いていて、これで花粉症さえ完治すれば完璧なのになと思います。 世の花粉症のみなさん、お疲れ様です。 やどかりのよ…

その言葉は誰のもの

いろんな文章を読んでいると、初めて出会ったみたいじゃない文章とかたまにありません? 既視感があるというか。 「それ、あたしも思ってたことやん!」って先に表現されてしまったがっくり感があったりとか、好きな人と同じなら嬉しかったり。そんなことが…

言葉を殺すな

少し前に、自転車で横断道の信号無視した女の子2人を、すれ違いのおばちゃんがすごい怒鳴って叱っていたところを見た。 大阪のおばちゃんて、強いなあ。なんて思ったりしながら。 相変わらずいつでも色んなことがあるけれど、最近それに輪をかけて、色んな…

1週間SNS断ちしてみました。

「SNS断ちをやってみよう」と思いついたのは12月21日のこと。 翌日の22日から29日まで、 ・facebook ・Instagram ・twitter このSNSトリオのアプリを携帯から消しました。 そもそも、携帯を触っている自分があんまり好きじゃなかった。なんか、時間…

うまれて初めてフルヌード撮影したその後のおはなし

こんにちは、 10月に撮影をしてから2ヶ月後ひょんなことから変化があったので、その後を記録しておきます。 知り合いのブランドがスニーカーを作ったことをfacebookで知りました。 そこでお話をいただいたのがその靴を、フルヌードで履くというモデルです…

こんばんは

ぐっと冷え込んだ京都の夜から書いています。 先日の記事からはや2かげつ。 「何をしていたのか」と自分に聞き返してみると、まあまあけんめいに生きていました。 会いたい人にだけ会い、弱った心を励ましてもらったり慰めてもらったりもした。 この2週間…

うまれて初めてのモデルでフルヌードに挑戦したおはなし

ただ無意味なことをしてみたかったのかもしれない。ただ自分の好奇心が導くほうへ。素直に従った結果です。25歳の夏はたくさん考えたり自分に向き合うきっかけがあった。そしたらもうどうしたらいいのかわからなくなった。でも心のどこかでわかっていたの…

:気遣いを。 9/29

こんにちは、 3ヶ月ぶりのこのシリーズです。 本日は「気遣い」について。 ことの始まりはこちらから。 thanksallmiyu.hatenablog.com 「どんな自分であろうが、自然体なのが一番いいに決まってる」 そんなふうに思うきもちは、人より少し強いかもしれませ…

9月21日

線路沿いの うちの家 線路向きのベランダから 電車の音と風が吹き抜ける ぼんやり何もしないをする 木曜日 身体にはたるい疲れが残っているけど起きたみた ふとあの人の詩を読んでみる ずるいなあ ここにいないのに ここには私だけの孤独があるのに 気づけば…

イエス・トゥー・エブリシング

あたしはゲストハウスとバーで働く25歳のフリーターで、 大阪で同棲していて、 毎日は不安定だけど今のスタイルが好き。 純粋に幸せを感じることができている。 働いた時間だけ「時給」とういう形でお金をもらえて、 同世代の平均女子よりきっと収入は少な…